レディ

離婚トラブルや債務整理はプロの力で解決|弁護士に相談しよう

相続をスムーズに

ウーマン

遺書が見つかったとき

遺言書は故人が相続や身分などに関する意思を形にしたものです。現在の法律では法定相続による遺産分割よりも、遺言による相続が優先されているので遺言作成し自分の意思を残すことは死後の相続トラブルを防ぐ確実な方法です。生前、トラブルを防ぐため遺言作成したにもかかわらず自分の死後その遺言書が見つからなければ何の意味もありません。自筆で遺言作成したにもかかわらずそれを紛失してしまった、保管場所を忘れてしまった等で自分の死後、遺言書が見つからないことが多くなっています。そのため確実に遺言書を保管する方法として、秘密証書遺言や公正証書遺言などの遺言作成方法を選択される方も多くなっています。遺言作成をする際には、紛失や物忘れを防ぐため定期的に内容を見直したり、検討をして最新のものにしておくことが紛失等を防ぐ手段となります。

確実な保管方法で遺言を

遺言作成は本人が自筆で全文署名、正確な日付を書き作成することもできますが後々、方式に不備があり無効になることもあります。またワープロやパソコンで作成したものは本人の自筆でないため無効です。確実に保管する方法として秘密証書遺言と公正証書遺言があると上で書きましたが、これは公証人にこれは自分の遺言だと申し立てたり、公証人に遺言作成と原本の保管をしてもらう方法です。専門家による作成のため方式不備による無効がなくなったり、遺言書の紛失も防げます。特に公正証書遺言は最も安全で確実な方式なので偽造の心配もありません。この遺言作成には二人以上の証人が必要です。証人には遺言の内容を聞かれてしまうため、秘密を守れる信用できる人を選ぶことが大切です。